まとめ制麺所
香川県内のニュースを中心としたまとめブログです。 社会派を目指しています キリ!
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祝いうどんもありますよ 【調査】 四国の結婚、宗教色のない「人前式」が全国1位(選択率37.4%)の理由 お披露目の場→おもてなしの場と考える傾向
kofuku.jpg

うっしぃじま悪い肉φ ★[sage] 2013/11/17(日) 14:29:48.27 ID:???
★四国の結婚、「人前式」が全国1位の理由

 結婚情報誌「ゼクシィ」が発表した「結婚トレンド調査2013」で、四国で結婚したカップルは、
宗教色のない「人前式」の選択率が37・4%と全国1位だった。

 挙式や披露宴にかけた費用の総額は360万2000円で、調査を始めた02年度以降、最高に。
招待客数は大きく変わっておらず、同社は「料理や演出にこだわり、親族や友人をもてなす志向が強まっている」と分析している。

 調査は、沖縄県を除く46都道府県で、12年度中に結婚した読者を対象に今年4~6月に実施。
7009組(四国4県201組)から回答が寄せられ、全国15エリアに分けて集計した。

 四国のカップルが選んだ挙式形式で、トップは教会式の46%だったが、
2番目が人前式で、全国平均の23・2%を大きく上回った。
神前式は14・1%で、仏前式が0・5%だった。

 費用の平均は、全国(340万4000円)を約20万円上回り、ここ5年で30万円増加。
全国では北関東や九州に続いて4番目だった。一方、招待客の平均人数は79・8人。
全国平均(73・1人)は上回ったが、5年前とほぼ同数で、一人ひとりをより手厚くもてなすようになったことがうかがえる。

 式や披露宴の演出に関する回答では、「結婚宣言の文面を自分たちでつくる」(28・3%)、
「音楽・BGMを自分たちで選ぶ」(49・0%)、
「式で列席者への謝辞スピーチをする」(11・1%)との回答割合が全国トップだった。

 同誌編集部は「お披露目の場から、おもてなしの場と考える傾向が全体に強まっているが、
とくに四国のカップルは『自分らしさ』にこだわり、
親や友人に感謝し、喜んでもらうことを重視する意向が強いようだ」としている。

          ◇

 香川県内の結婚式場からも、こうした傾向を裏付ける声が上がっている。

 高松市のJRホテルクレメント高松のブライダル担当者は「県外からの招待客に満足してもらえるよう、
地元の食材を使った料理やデザートにこだわるカップルが増えている」。
少しでも長い時間、列席者と過ごそうと、お色直しを控えるのも近年の特徴という。

 別の式場の担当者は「両家の両親と一緒にケーキ入刀するケースが徐々に増えている。
感謝を伝えることと家族の絆を重視しているからでは」と話している。(花田祥瑞)

yomiuri online http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131117-OYT1T00230.htm

名前をあたえないでください 2013/11/17(日) 14:31:06.41 ID:qJFojM0c
社交界にデビューしない庶民に「披露宴」は不要だろうw

名前をあたえないでください 2013/11/17(日) 14:41:07.36 ID:wUsvNyNj
> 結婚情報誌「ゼクシィ」が発表した
 
この時点で読む気が無くなった


名前をあたえないでください[sage] 2013/11/17(日) 15:03:09.73 ID:x+me0nXp
披露宴なんてものがそもそもいらない
式だけやればいいのよ

名前をあたえないでください 2013/11/17(日) 15:15:57.61 ID:g6agUDzf
日本人がやってるのは教会式でなく教会式風だろw

名前をあたえないでください 2013/11/17(日) 15:53:53.86 ID:RrKqUUJU
昔みたいに家族だけ集めて三々九度の杯だけでいいんじゃね。

名前をあたえないでください 2013/11/17(日) 16:18:22.04 ID:Eb8gxvSz
>>8
そもそも「結婚式場」という業態が、戦後に生まれた新しい商売だという事実を、
若いカップルは知らないと思うのです。

日本には「祝言」というお披露目の会はあっても、結婚式という慣習はなかったらしいです。
結婚が決まると家に親戚縁者をもてなしてお披露目会をしていました。
映画などで襖を取り払った自宅の広間でお膳を前に座っている絵を見たことがあるでしょう?

明治の中頃、皇族の方の結婚式で今に近い神前式が登場しました。
(神前式は案外新しいのです)
一説には欧米からの「結婚の儀式もない野蛮な国」という批判を受けて作られたらしいです。

神社にしてみても、いままでにない儀式だったのでその内容も手探りで、
仏前のご祈祷の内容を参考にしたと言われています。
(実際、仏前式も神前式も内容はかなり似ています)

このとき日本人は新しい価値観を知りました。
「結婚式という結婚の儀式がある。」
皇族の結婚式であり、新聞で全国に紹介され、これ以降、神前式が全国的に広まった言われています。

当時は、一等国になりたかったニッポンw
神前式はわざわざ作られた儀式。
チョコレート会社が作ったバレンタインデーに似ていると言えないこともありません。

都市部では核家族化や住宅事情などの影響もあり、自宅で祝言を挙げることが難しくなりました。
かわって公共の施設や広い会場をかりて祝言同様の披露宴を挙げるようになりました。
会場は地域の公民館や集会所、旅館、はたまた進駐軍払い下げの宿舎だったりしたそうです。

1964年の東京オリンピックを契機に東京では大型ホテルが乱立することになりました。
オリンピックが終わってから、過剰にあまるホテルの施設をバンケットに利用する動きがはじまります。
神主さんのホテルへの出張が一般化するのもこの頃から。
これで式も披露宴もホテルの中だけで完結(総合結婚式)することになり「結婚産業のはじまり」ともいわれています。

東京からはじまった「総合結婚式」の流行は高度経済成長期の一億みな平等の波に乗ってたちまち全国的な流行になってゆきます。
大型の専門式場がチェーン展開して広まっていったのもこの頃。結婚式が産業として花開いた時期といえます。
ただ同時に、見た目の豪華さや目先の違うことを狙って結婚式の本質から目を背けさせた時期だとも言えます。

日本中どこでも同じような結婚式が行われるようになってゆき、トコロテン方式とも揶揄されていました。
この頃は、結婚が決まったら二人で式場やホテルを見に行くのが通例になってゆきます。
結婚式はホテルや結婚式場でするものだという概念ができてゆきました。

若い二人がいざ結婚式をしようとすると、結婚式の既成概念にとらわれてしまうのですが、
こうして歴史をみると、それは1960年代から結婚産業(ブライダル産業)が大規模な広告を使って
世の中にすり込んできた既成概念である事に気付きます。

そして、それ以前にも同じように誰かが作った別の既成概念がありました。
結局、結婚式の表面的な部分はその時代時代の流行に過ぎません。

http://www.misawa-world.com/kekkon/index_lekisi.html

11 名前をあたえないでください[sage] 2013/11/18(月) 10:29:56.14 ID:vWeAVKeh
人前式…じんぜんしき叉はひとまえしき
神前式…しんぜんしき
よく誤認されるので人前式をひとまえしきと呼ぶ事がある

まとめサイトを作るなら「まとめるクン(仮)」 powered by livedoor wiki.
スポンサーサイト

テーマ:2ちゃんねる - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://atuhiya.blog.fc2.com/tb.php/863-2317a886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。